火災保険

火災保険

あなたの火災保険、どんな保障があるか知っていますか?

防災グッズ便利帳 > 火災保険

火災保険とは

文字通りの火災にあったときに損害を補うことを目的に作られたました。

でも、保障の範囲は火災だけじゃないんですよ。以下のふたつはセットでついていることが多いです。
○風災・・・竜巻や台風による被害
○水災・・・床上浸水や土砂崩れの被害

そのほかに、次のようなものがついていることがあります。
○日常災害リスク・・・上の部屋からの漏水
○破汚損リスク・・・模様替えをしていて家財を壊してしまったなど。

これだけ自然災害が多発している昨今、どこまでをカバー範囲にしているか確認しておきたいですね。

たいていは住宅の購入時に契約して、そのままになっているはず。その時は、それでいいと思っても時間がたつにしたがって必要な保障が変わっているかも。また、建物価値が低くなるにしたがって保障金額が下がっているはず。いざとなったらどのくらいの金額がもらえるのか?おさえておきたいですね。

そうはいっても、自分で証書を確認したり、契約の内容を調べたりするのも大変です。専門用語が多いし・・・。そんな人は無料で利用できる一括見積サイトを利用してみるのもいいかも。必要ない保障をはずして、保険金を低くできる可能性もあります。

 

火災保険 安い

火災保険の賭け金は会社で違います。比較するには一括見積サイトを使うのが便利。
個々に調べると、保障内容をあわせるのに膨大な手間がかかってしまいます。
内容にもよりますが、会社によって最大で1.5倍くらいの差があるそうです。

自分の欲しい保障があるのかを見直すことも必要です。最近は地震や水害のハザードマップが公開されていますから、自分の住んでいる場所にどんなリスクがあるか理解して、必要な保障は落とさないように、不必要な保障ははずして負担を軽くしたいですね。

気をつけたいのは二重に加入している保障があるかもしれないこと。家財の保障を、損害と火災両方の保険でつけていたりしませんか?保障の範囲がかぶっていてもなかなか気が付かないものです。

気になる人は保険のプロからアドバイスをうけるのをおすすめします。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 【ほけんの相談Ch】

火災保険 トップへ戻る